stay home special vol.2 / 福わらいで笑おう 

笑う門には福きたる!

新年に福を呼び込む、めでたいあそびとしてお正月に楽しまれてきた福わらい。

せっかくならば自分の顔であそんでみよう。

顔の筋肉が痛くなるくらい、今年もたくさん笑いましょうね!

*保護者の方へ

つくりかたを全てひらがなにしたバーションはこちらから。ぜひ印刷してお使いください。

 

<用意するもの>

 

大きめの封筒(B5からA4くらい)

画用紙(どんな大きさでも)

色鉛筆かペン

はさみ

 

<つくりかた>

 

1 封筒のおもてに顔の輪郭をかく

自分の顔を鏡でみて、顔の輪郭と髪型を大きく!かきます。

色は何色でもいいよ。輪郭をピンクでかいたっていいし、むらさきの髪の毛もいいですね。

2 画用紙に顔のパーツをかく

これからいろんな表情の顔をかきます。

鏡をみて。まずは、いつもの顔をしてみる。

それを目、鼻、口、まゆげ、などパーツごとにかきます。

それぞれのかたちをよく観察してみよう。

つぎは全力で笑った顔、そして怒った顔、いたずらを思いついた時の顔。

いろんな顔をして、どんどんかいてみましょう。

3 顔のパーツをきりとる

顔のパーツを一つづつ、切り取ります。ぴったりでなくても、少し大きめで大丈夫。

4 福わらいに挑戦!

パーツができたら完成です。

切ったパーツを顔の横に並べて、あなたは目をつむります。

お家の人に一つずつ、パーツを手渡してもらいましょう。

どんなパーツが渡されるかは、おたのしみ。

できたら目をあけて…さて、どんな顔?

5 おわり

あそび終わったら、封筒のなかにパーツを片付けておきましょう。

♦︎おまけ♦︎ 

<目かくし用アイマスクのつくりかた>

 

目をつむっているのに開けているようにみえるアイマスク。

これがあると本格的でゆかいです!

1 画用紙に目をかく

2 顔の幅くらいの大きさに切って、横に穴を開ける

3 ゴムを通して、耳にかける

​ ©️2021 yumukumada