© yumu kumada |All Rights Reserved

ひとを包み生かしてくれる、やわらかな ”風景” に思いを乗せて

その存在を讃えるために表現を続けています。

主に木や漆を素材としてオブジェ / 装置 / アクセサリを制作、

子どもから大人まで、無垢の木にふれる機会をと、木工のワークショップなども企画しています。

 

力強く枝葉を伸ばす街路樹、

どこまでも続くなだらかな丘の起伏や、背筋の伸びる山々、

カシューナッツのような島、とろみのある風、

くちなしのにおい、澄んだ水たまり、大きすぎる湖、

深いブルーの沖、さっと消える鳶、

あたたかな日差し、紫の空気の夕方

この世界にいつも寄り添う風景の一瞬に出会うたび、

心が澄んで毎日の生活が豊かになっていく気がします。

 

人は、すごく小さな生き物です。

だけど、見たもの感じたものを記憶し、表現することができる。

それがどんなに大きなボリュームのものであったとしても。

私はそのことが嬉しくてたまりません。

 

限りない風景を私という小さな身体に取り込んで、

ものとしてのかたちを与えることで

その風景に目を留め、喜びを感じた人がいた、ということを印すことができたなら

私を生かしてくれる世界を讃えられるかもしれないと、思うのです。

熊 田 悠 夢 | くまだ ゆうむ

木彫作家 

1992 出雲生まれ、京都育ち

2011 京都市立銅駝美術工芸高等学校ファッションアート専攻 卒業

2015   京都市立芸術大学美術学部 工芸科 漆工専攻 卒業

2017   京都市立芸術大学大学院 修士課程 美術研究科 工芸専攻 漆工 修了

2017春、奈良県明日香村に移住し、制作活動をおこなう。


<個展>

2015   個展「モーメントの稜線」/ 同時代ギャラリー/京都

 

<グループ展>

2013 AQUART 2013 小さな海中展覧会 / 奄美大島瀬戸内嘉鉄沖

    熊田悠夢・出口義子 二人展 しののめの空 / ANTIQUE belle GALLERY / 京都

    うるし長月9人展 / Wright商會 / 京都

2014 seesaw / Gallery Little house

    うつわとアクセサリーのお店 / 同時代ギャラリー collage / 京都

    あいづまちなかアートプロジェクト2014 / 松本家蔵 /福島

2015  「端」にふれる "Touching the end" / 京都市立芸術大学地下

     「生新の時2015漆芸の未来を拓く」/ 石川県輪島漆芸美術館/石川

2016    still moving-on the terrace(ホテル養生)

    / 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

 

<受賞>

2010 「第31回美工作品展」教育長賞 

2014 「京都市立芸術大学作品展」平館賞 

2015 「京都市立芸術大学作品展」市長賞・買い上げ 

2016 「立体造形2016」大賞