乳白色の魚


石のオブジェが浮かぶ港で、船の出航を待っている。 甲板のベンチに荷物を置くやいなやすぐに海面をのぞきにいくと 半透明の白くて長い魚が数匹、気持ちよさそうにからだをくねらせて泳いでいるのをみつけた。 龍のような動きで、海面の近くを漂っている。 ぼうっと眺めているとだんだん増えた。 白龍の赤ちゃんが戯れているような、幸せな光景。


©︎2021 yumu kumada